パーソナルジムとは?フィットネスジムとの違いやメリット・デメリットを解説 | RE:NOW

パーソナルジムとは?フィットネスジムとの違いやメリット・デメリットを解説

  • パーソナルジム入会準備ガイド

RE:NOW編集部

高澤

世の中にはたくさんのダイエット法があります。ランニング、食事制限、ヨガ、、など挙げればキリがないですが、なかでも、短期間で成果が出やすい方法といえば、パーソナルジム

ライザップのCMをご覧になったことがある方は、なんとなく短期間で身体が変わるイメージはあると思いますが、メリットはそれだけではありません。またデメリットもあります。

そこで今回は、RE:NOW編集部が

  • パーソナルジムとフィットネスジムの違い
  • パーソナルジムのメリット・デメリット

などについて徹底解説します。

パーソナルジムとは「ダイエット・ボディメイク専門ジム」でフィットネスジムとは大きく異なる

最初にパーソナルジムについて簡単に説明します。

パーソナルジムは一言でいうと、ダイエット・ボディメイクの専門ジム。一般的なフィットネスジムは主に運動目的で幅広い方が通っている、言わば「大衆向け」ですが、パーソナルジムは理想の身体になりたい「個人」に向けたジムです。

以下の特徴があります。

  • 専属トレーナーからのマンツーマン指導で正しいフォームが身につく
  • カウンセリングと毎日の食事管理でメンタル面もサポートし途中離脱を防ぐ
  • 個人にカスタマイズされたメニューで目標達成に向けた最適なアプローチができる

フィットネスジムは広いフロア内にたくさんのトレーニングマシンが置いてあり、基本的に自分でトレーニングする一方、パーソナルジムはトレーナーや管理栄養士などのプロから指導を受けられる点がフィットネスジムとの大きな違いです。では具体的にみていきましょう。

専属トレーナーからのマンツーマン指導で正しいフォームが身につく

パーソナルジムでは専属トレーナーが常にトレーニングをサポート

 

 

View this post on Instagram

 

A post shared by @rizap_0803


正しいフォームの指導から追い込みまで二人三脚で行います。

フィットネスジムに通ってもいまいち筋肉がついているのかわからないという方は多いと思いますが、パーソナルジムではトレーナーについてもらうことで身体の変化を含め、専門的かつ客観的なアドバイスを受けることができます。

また自分ひとりで追い込みをかけようとすると適切な負荷がわからず怪我のリスクもありますが、トレーナーがいることで適切な負荷の設定やトレーニングの補助をしてもらえるため怪我の予防にもつながります。

カウンセリングと毎日の食事管理でメンタル面もサポートし途中離脱を防ぐ

パーソナルジムでは、定期的なカウンセリング毎日の食事管理を提供。

というのは、いくらトレーニングで追い込みをかけられたとしても、

  • 途中で挫折する可能性がある
  • 食生活が乱れていると、むしろ太る

からです。

残念ながら筋肉は使わないと衰えていきます。また必要以上に食べてしまうと太ります。なので、途中で諦めてしまうと確実に身体は元に戻り、努力が水の泡になる

そうならないために、パーソナルジムはメンタルや体調管理も含めて親身にサポートしてくれるのです。

個人にカスタマイズされたメニューで目標達成に向けた最適なアプローチができる

パーソナルジムでは個人の要望や身体の状態を丁寧にヒアリングしながら、目標達成に向けたオリジナルメニューを作成します。なぜなら身体の状態や体質はひとりひとり異なるからです。

たとえば、有名芸能人おすすめのトレーニング法を実践しても効果がでるとは限りません。自分とは身体の状態や運動能力が異なるからですね。

もちろんオリジナルメニューをつくることは時間や手間はかかりますが、こうしたことを惜しまずに顧客に寄り添うのがパーソナルジム。だからこそ、結果がでやすいのです。

 

このようにパーソナルジムは、フィットネスジムとはかなり違います。ただしフィットネスジムが悪いといっているわけではありません。繰り返しになりますが、フィットネスジムは大衆向け。例えるなら、フィットネスジムはファミリーレストラン、パーソナルジムは高級レストラン

そのため、自分の目的にあわせてフィットネスジムがいいか、パーソナルジムがいいかを選べば問題ありません、

それでは、次はより具体的にパーソナルジムのメリットを紹介します。

理想の身体作りを成功に導く「パーソナルジムのメリット7つ」

パーソナルジムには以下のメリットがあります。

  • 専属トレーナーとのマンツーマンセッション
  • トレーナーと二人三脚でモチベーションがアップする
  • 自分でトレーニングメニューを作成する必要がない
  • 毎日の食事管理サポートにより、カロリーオーバーを予防
  • 個室なのでマシンの順番待ち・周りの目を気にすることがない
  • 手ぶらで通えるところが多い
  • 密にならない

一部前章の内容を重複する部分もありますが、それぞれ詳しく解説していきます。

メリット1. 専属トレーナーとのマンツーマンセッション

パーソナルジムのメリットは、何と言っても専属トレーナーとのマンツーマントレーニング

なぜなら、

・フォームを常にチェックすることで無駄なトレーニングが増えない
・目標から逆算してプランを組み立てられる

からです。

フォームを常にチェックすることで無駄なトレーニングが増えない

筋トレではボリューム(重量・セット数・回数など)も大切ですが、一番大切なことはフォーム。なぜなら正しいフォームで筋トレを行うことで鍛えたい筋肉にピンポイントで刺激を与えることできるからです。

実際フォーム次第で負荷が全然違います。そして筋肉は今以上の負荷でとりくまないと、現状よりも成長しません。ボリュームは増やせばいいですが、フォームはあとあと矯正するのが大変なので、トレーニングを無駄にしないようしっかりと最初に身につける必要があります。

特に運動初心者の方は、

  • 筋肉がついた経験が少ないので実感しづらい
  • 自分のフォームを客観視できない

ため、間違ったフォームでトレーニングを続けてしまう傾向が強い。

しかしマンツーマンであれば常にフォームチェックしてもらえるため、フォームにズレがあれば都度修正してもらえるわけです。これにより自分でトレーニングするよりも確実に正しいフォームを身に着けることができるため、トレーニングの効果と時間を無駄にすることがありません。

目標から逆算してプランを組み立てられる

パーソナルトレーナーはトレーニングや栄養に関する豊富な知識と経験をもった身体作りのプロ。しかも短期間で成果を出すことに強みがあります。

たとえば「2ヶ月後に結婚式があるからどうしても◯kg痩せたい」、「二の腕が気になるから2ヵ月でこの脂肪をなんとかしたい」といった要望にも対応できます。また身体の状態や期限をみて目標のハードルが高すぎる場合は、トレーナーと一緒にお互いが納得するプランを組み立てるかたちになります。

一方、自分ひとりで始めても、目標・時間軸・プログラムの設定がうまくできません。たとえば、2ヶ月後に10kg痩せたいと思ってもなにからどう手をつけていいかわからない人がほとんどだと思います。ゴールまでのアプローチの仕方がわからず、なんとなく始めて失敗するのが落ちです。

このように、トレーナーとマンツーマンでトレーニングすることで、無駄なく目標達成を目指すことができます。

メリット2. トレーナーと二人三脚でモチベーションがアップする

ダイエットやボディメイクはなにもフィジカルだけの問題ではありません。メンタルも深く関わってきます。なぜならメンタルが健全でなければ、そもそもトレーニングや食事管理を続けられないからです。

ほとんどの人はダイエットを始めても挫折する可能性がある

はっきり言ってしまうと、「ダイエットしたい」、「痩せたい」と思う方は基本的に普段運動してない方。そして30-40代であれば家庭・育児・仕事もある。

つまり心身ともに余裕がない状態でトレーニングや食事制限するため、ダイエットを始めても精神的に辛くなる方も多くいます。そうするとモチベーションが保てず途中離脱もありえるというわけです

トレーナーはメンタルサポートのプロ

さきほど、パーソナルトレーナーはダイエットのプロといいましたが、実はメンタルサポートのプロでもある。

というのも、トレーナーはダイエットに取り組む方の多くの悩みや相談を受けています。そして、そうした方を指導し成功に導いてきた経験があるため、「どのように接すれば気持ちよくトレーニングや食事管理を続けてもらえるか」について身をもって理解しています。また、パーソナルジム内でもトレーナー同士、情報交換や知識共有を行うことで、体型的にお客様のモチベーションサポートを行うことができるというわけです。

実際、RE:NOW編集部がパーソナルジムを取材しても、どのトレーナーも「接客業」という意識が強く、どのようにお客様に接すれば「モチベーションを維持してもらえるか」「トレーニングを続けてもらえるか」を考えているプロばかり。

そうしたトレーナーと二人三脚でとりくむことで、目標達成が自ずと近づくわけです。

メリット3. 自分でメニュー作成する必要がなく、トレーニングに集中できる

繰り返しになりますが、パーソナルジムではトレーナーがひとりひとりにあったプログラムを作成してくれます。

とはいえ、YouTubeやインターネットで検索すればたくさんのトレーニング情報を得ることができるので、自分でもできるんじゃないの?と思う方もいるかもしれませんね。実際、Toutubeやインターネット上にアップされているものなかには有名ボディビルダー監修のものも多く、それらを参考にすれば、自分でもトレーニングプランが作成できるかもしれません。

ですが、これにはものすごく時間がかかります

たとえば、スクワットひとつとっても、

  • フルスクワット
  • ハーフスクワット
  • クローズスクワット
  • ワイドスクワット
  • ブルガリアンスクワット
  • ワンレッグスクワット

などたくさんの種類があり、種目によって難易度・負荷が異なるからです。これらを理解した上で、正しい順番・ボリュームで自分のトレーニングプランをつくることは初心者には難しい。しかも間違ったプランを組み立ててしまうと、むしろ遠回りにもなりかねません。

一方、パーソナルジムではトレーナーがすべてメニュー作成してくれます。そのため、こうした手間を省くことができるだけではなく、最初から最適なプランでスタートすることができ、トレーニングにも集中することができるというわけです。

メリット4. 毎日の食事管理サポートにより、カロリーオーバーを予防

パーソナルジムは食事管理もサポートします。

ダイエットでは運動以上に食事が大切ですが、自分ひとりで食事管理できるほど甘くはありません。

なぜなら、ほとんどの方は「栄養学の知識がない」「毎日食事制限・管理を続けられない」からです。なので、ほっておくと、気づいたらカロリーオーバーしていて体重が落ちていない…ということは往々にあります。(もし食事制限で簡単に痩せられるのであれば、今日これほど多くの方がダイエットに悩んでいないはずです)

しかしパーソナルジムに通えば

  • 栄養学の座学
  • 管理栄養士監修の栄養素に関する資料
  • LINEやアプリにより毎日の食事サポート

といった、栄養学に関する知識提供や毎日の食事管理の支援が受けられます。これにより、自分ひとりでは食事管理を続けられない方でも、しっかりと正しい知識で食事をコントロールできるというわけです。

なおパーソナルジムの食事指導について、より詳しく知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

 

パーソナルジムの食事指導に対する疑問を丸ごと解説。必ず受けた方が良い理由も併せて紹介

メリット5. 個室なのでマシンの順番待ち・周りの目を気にすることがない

パーソナルジムは個室がほとんどです。半個室の場合も基本的にパーテーションなどで仕切られているため、マシンの順番待ちや周囲の目を気にする必要がありません。

一方、フィットネスジムの場合、大きなフロアにたくさんの人がいます(たまに、知り合いにあうことも)。しかもマシンや器具を占領されていることもある一方、なかなか声はかけづらい。なので、自分の思い通りにトレーニングできないということもありますが、パーソナルジムではそうした心配はありません。

目標に向けて時間を無駄にすることなく、集中してトレーニングできるでしょう。

メリット6. 手ぶらで通えるところが多い

パーソナルジムはウェア・シューズ・タオルなどを無料で貸し出しており、手ぶらOKなジムも多いです。

特に女性には嬉しいですよね。

というのも、ウェア・シューズ・タオルは通常のバックでは入りきらないので、ジム用のバックを持ち歩く必要があるからです。しかもジム終わりは汗で濡れたものを持ち歩き、洗濯しないといけない。たとえばジムの後に友人とショッピング・食事の予定がある場合は、そうした荷物を持ち歩くのは避けたいですよね。

すべてのパーソナルジムが手ぶらOKというわけではありませんが、こうしたお客様目線のサービスが充実しているものパーソナルジムのメリットのひとつです。

メリット7. 密にならない

パーソナルジムはプライベート空間のため、基本的に人との接触が少ないです。

一方、繰り返しになりますがフィットネスジムの場合、フロア内にたくさんの人がいるため、密になることもあります。特にロッカールームやシャワールームは同じ時間帯に複数人で利用することあるため、影響は顕著です。

現在新型コロナウィルスの影響は落ち着いているとはいえ、コロナ感染リスクが低い環境に越したことはないでしょう。なおパーソナルジムのコロナ対策については、以下の記事で詳しく解説しているので興味のある方はぜひご覧ください。

 

パーソナルジムのコロナ対策とは?現役トレーナーが実際の対策を徹底解説

以上がパーソナルジムのメリットです。

  • 専属トレーナーとのマンツーマンセッション
  • トレーナーと二人三脚でモチベーションがアップする
  • 自分でトレーニングメニューを作成する必要がない
  • 毎日の食事管理サポートにより、カロリーオーバーを予防
  • 個室なのでマシンの順番待ち・周りの目を気にすることがない
  • 手ぶらで通えるところが多い
  • 密にならない

これだけ充実していると、フィットネスジムよりも絶対にパーソナルジムの方がいいと思うかもしれませんが、実はデメリットもあります。

そこでここからはパーソナルジムのデメリットについても解説します。

パーソナルジムのデメリット3つ

パーソナルジムのデメリットは以下の3つ。

  • 一般的なジムに比べて価格が高い
  • トレーニング時間が決まっている
  • オプション料金がかかる場合がある

順番に解説します。

デメリット1. 一般的なジムに比べて価格が高い

パーソナルジムは一般的なフィットネスジムと比べて料金が高いです。

1ヶ月あたりの料金はフィットネスジムの10倍

パーソナルジムの料金はジムやプログラムによって異なりますが、おおむね1ヶ月あたり10万円(8回)と、金額だけみるとフィットネスジムの約10倍。しかも2ヶ月コースが一般的なので最低20万円はかかります。

いくらダイエットに成功したくても、20万円も払えないと思う方もいるかもしれませんね。特にダイエットは自己流でもなんとかなると考える人が多い分、そう考える方も多いです。

極端な割引も少ない

パーソナルジムの料金の大部分はトレーナーの人件費のため、極端に安くなることもありません。料金が下がると、トレーナーの人件費にも(しいては、トレーナーのモチベーションなどにも)影響が出てくる場合もあります。そのため、パーソナルジムに通いたい方は、基本的にこの料金水準を受け入れる必要があります

なお、料金や相場については以下の記事で詳細に説明しているため、興味がある方はぜひご覧ください。

 

パーソナルジムの料金相場を徹底解説!知って得するお得な割引ノウハウも紹介

デメリット2. トレーニング時間が決まっている

パーソナルジムは1回あたりのトレーニング時間が決まっています

ジムやコースによって違いますが、60分が多いです。また次に個室を利用する顧客も決まっているため、それ以上トレーニングを続けることは難しい。そのため、トレーニング後にゆっくり寛ぐことができません。

大手ジムであれば待合スペースなどもありますが、中小規模のジムはマンションの一室の場合もあるので、そうしたジムでは基本的にトレーニング後すみやかに退出する必要があります。

デメリット3. オプション料金がかかる場合がある

デメリットというわけではありませんが、パーソナルジムはフィットネスジムに比べて、オプション料金が多いです。気をつけておけば、なにも問題ありませんが、知らずに入会してしまうと後悔してしまうこともあるので念のため挙げています。

オプション料金で多いのは、

・食事管理
・ウェアのレンタル
・プロテイン

などです。特に食事管理が別料金になると、毎月1~3万円余分にかかるのでコース料金に含まれているのか・含まれていないのかは、かならず確認しておきましょう

 

このように、パーソナルジムのデメリットは、ひとことで言うと「お金」。つまりパーソナルジムのメリット・デメリットを考える上で、痩せられる確率の高さとお金を天秤にかけることになります。

どちらの優先度が高いかは人によって異なりますが、痩せることで人生が変わる体験をした方は多いです

たとえば、

  • 化粧やファッションが楽しい
  • 気持ちが前向きになる
  • 彼氏・彼女ができる
  • 仕事もうまくいく

など。人生において、基本的には太っているよりも、痩せている方が幸せです。そう考えると、パーソナルジムの料金は決して高くはないと言えるのではないでしょうか。

まとめ

さて今回は、パーソナルジムとフィットネスジムとの違いやメリット・デメリットについて解説しました。

まとめると、

  • パーソナルジムは一般的なフィットネスジムとはかなり違う
  • パーソナルジムではトレーナーや管理栄養士などのプロから指導を受けることができる
  • 特にトレーニング初心者は通った方が効率的に痩せることができる
  • デメリットとして料金の高さがある

といった内容でしたね。

ここまで読んでいただくとパーソナルジムのメリット・デメリットはお分かりいただけたかと思います。

繰り返しになりますが、痩せることで人生が変わることもあります。そう考えると、パーソナルジムはかならずしも高額とは言えません

パーソナルジムを検討している方は、ぜひおすすめのパーソナルジムをご覧になって、入会を検討してみてくださいね!

Let’s SHARE!

本記事の執筆者

RE:NOW編集部

高澤

関連記事