パーソナルジムのコロナ対策とは?現役トレーナーが実際の対策を徹底解説

  • パーソナルジム入会準備ガイド

コロナの影響でパーソナルジムに通うのが不安」
「パーソナルジムって安心なの?」

現在のコロナ禍だと、このような理由から、パーソナルジムに通うのを躊躇してしまう人もいると思います。

ですが、パーソナルジムはコロナ対策をきっちり行っているところも多いです。

そこで今回は、パーソナルジムのコロナ対策について解説していきたいと思います。

これを読んで、パーソナルジムのコロナ対策について知り、安心してパーソナルジムを利用しましょう。

パーソナルジムのコロナ対策とは?

まず最初に、パーソナルジムが実際に行っているコロナ対策についてご紹介します。

セッション間に消毒を徹底

まずは一般的なこととして、セッション間に使用した器具やシートを消毒します。

たとえば、フィットネスジムでは広いフロア内でたくさんの会員がトレーニングしているため、すべてを完璧に消毒するのはなかなか難しいのが現状です。

しかし、パーソナルジムではマンツーマンでの指導のため、トレーニングスペースも限られていることから徹底した消毒も可能となります。

そのような点から見ても、安心感は高いと言えますね。

定期的に換気

次のコロナ対策としては、定期的な換気があります。

セッション間の時間を十分に空けて、一定時間換気を行うことにより、換気の悪い状態になることを防いでいるわけですね。

具体的には、セッション間に数分間、窓を開けたり、換気設備を使用して空気の入れ替えを行っています。

換気の悪い密閉状態にならないように十分に注意を払うことが重要です。

トレーナーのマスク着用

最後にパーソナルジムでは、トレーナーのマスク着用を徹底している場合がほとんど。お客様はトレーニング中、十分な呼吸が必要なことからマスク着用は任意です。しかしトレーナーまでマスクを外してしまうと飛沫リスクがあるため、少なくともトレーナーのマスク着用は徹底する必要があるというわけです。

今では、外出する際のマスク着用は当たり前になっているので、当然とも言えますね。

このようにパーソナルジムでは、少しでもお客様に安心してご利用いただけるようにコロナ対策を行っています。

次に、パーソナルジムがコロナ対策を行った結果について見ていきましょう。

パーソナルジムがコロナ対策を行った結果は・・

パーソナルジムがコロナ対策を徹底した結果、どのようなことが期待できるのでしょうか?

安心してジムに通える

やはり、対策をきっちりと行うことにより、通っていただくお客様が安心できるという点が一番大きなポイントといえるでしょう。

私自身も、実際にお客様から

「フィットネスジムは不特定多数が利用するため不安。パーソナルジムは安心感が強い。」

こういった声をいただくことも一度や二度ではないです。

利用いただくお客様には、小さなお子様や高齢者がご家庭にいるケースも多いので、安心感を感じていただける点は大きなメリットと言えますね。

トレーニングに集中できる

トレーニングで効果を出すために必要な要素の一つに、しっかりと集中できる環境で行うということがあります。

「使用する器具はしっかり消毒されているのか?」や「換気は十分にされているのか?」

などの不安が頭の中にあっては、トレーニングに集中しきることは難しいでしょう。

トレーニング前の段階で、コロナ対策についてしっかり取り組んでいるジムだということが明確になっていれば、余計なことに気を取られることなく、トレーニングに集中することができます。

それでは次に、パーソナルジムは3密なのか?について考えていきたいと思います。

パーソナルジムは3密なのか?

密閉、密集、密接の3つからなる3密ですが、パーソナルジムはそれに該当するのでしょうか?ここでは、パーソナルジムと3密について深掘りしていきたいと思います。

換気ができていれば密閉にはならない

密閉についてですが、結論からいうとジムによります

まず密閉の定義ですが、窓がなかったり、換気ができない場所のことです。よくメディアなどでも言われているのが、会議室やカラオケボックス、映画館、図書館などですね。部屋の広さではなく、換気ができているかどうかがポイントになります。
換気は1時間に2回ほど、数分間行うと良いとされているので、ジム選びの際はこの点を確認すると良いでしょう。

個室なら密集にもならない

次に密集についてですが、こちらは該当しないケースがほとんどと言えるでしょう。

密集とは、たくさんの人が集まったり、少ない人数でも近い距離に人が集まることです。パーソナルジムは、基本的にマンツーマンでトレーニング指導を行うため、人が一度にたくさん集まるということが起きづらいです。

そこが、フィットネスジムとパーソナルジムの大きな違いといえます。ただしそれでも気になる方は、個室での指導を行っているジムを探すと良いでしょう。パーソナルジムには、オープンスペースと個室という二つの形態があります。個室であれば、他のお客様と距離が近くなることはほぼ0なので、安心して通うことができるでしょう。

マスク着用により密接対策

最後に密接についてですが、マスク着用により対策できているジムがほとんどと言えるでしょう。

密接とは、互いに手が届く距離で会話や発声、運動などをすることです。この基準で考えると該当しそうだと感じますが、基本的に向かい合って会話をする時間は限られますし、運動も正面に立って指導することはありません。

現在では、トレーニング中にトレーナーもお客様もマスクを着用している場合がほとんどです。マスクを着用していれば、短時間の会話では感染しないとされているので、パーソナルジムにおける密接による感染リスクは低いと言えるでしょう。

パーソナルジムと3密について分かったところで、次にパーソナルジムに通うお客様側が注意すべきポイントについて確認していきましょう。

パーソナルジムに通うお客様側の注意点

パーソナルジム側でのコロナ対策はもちろん重要ですが、通う側のお客様も十分に注意して通う必要があるといえます。そこで、ここではパーソナルジムに通う際に、お客様が注意すべきポイントを説明していきたいと思います。

入店時のうがい、手洗い、アルコール消毒の徹底

これはパーソナルジムに限った話ではありませんが、入店時のうがい、手洗い、アルコール消毒に関しては徹底して行っています。

日常生活において、ドアノブや電車のつり革など様々なものを介して、自分の手にもウイルスが付着している可能性が。入店時に手洗いやアルコール消毒を行うことで、そういったところからの感染リスクを下げることができます。

私の勤めるパーソナルジムでは、入店時に必ずアルコール消毒を行うようにしています。現在では、どこでも入店時の消毒は行っているため皆様も協力的に対応していただいています。毎回となると、少しめんどくさいと感じる場合もあるかもしれませんが、少しの手間で感染リスクを大幅に減らせるならやるしかないですよね。

検温して熱があるもしくは体調が優れないなら自粛する

これも徹底していますが、体調が優れない場合は自宅で検温してもらい、熱がある場合は自粛してもらっています。

もちろん、ジムにも体温計を用意してあるケースがほとんどだと思うので、どうしても検温できずに来店した際にはジムにて検温していただきます。休んでいただくことは、自分自身のためにもなりますし、感染拡大を防止するためにもとても大事なことですよね。

少し体調が優れないけど、どうしても運動したいという場合もあるかもしれません。ただ、1回のトレーニングを休んだからといっても、それほど大きな違いはありません。なぜならトレーニングは長く継続することによってのみ効果が出るものだからです。気持ちはとてもよく分かりますが、1回のトレーニングにこだわりすぎず、感染拡大の防止を優先してもらえるようにしたいですね。

続いて、個人で取り組める体調管理法について、お話していきましょう。

トレーナーが教える体調管理法

体のプロであるトレーナーは、普段どのようなことを心がけて体調管理を行っているのか。ここを説明することで、一般の方も上手く体調管理を行っていけるようになるでしょう。それではさっそく見ていきます。

1.生活習慣を整える

体調管理のためにはバランスの良い食事をしたり、生活リズムを整えたりなど、基本的な生活習慣を整えることが大事です。この点についてはコロナ禍でなくても、健康的な体作りのためには重要ですよね。免疫力を高めるために意識すべきポイントは、大きく以下の3点です。

たんぱく質豊富な食事
ビタミン、ミネラルの多い食事
腸内環境を整える食事

それぞれ説明していきましょう。

たんぱく質豊富な食事

たんぱく質は筋肉を作る栄養素として有名ですが、免疫力を高めるためにも大切な栄養素です。

なぜなら体内の色々な働きを正常に働かせるために必要なので、不足すると免疫力が低下してしまうからです。たんぱく質が豊富に含まれる食品としては、肉や魚、大豆、卵などですね。

私は、主に鶏肉やゆで卵などを常備して、たんぱく質を確保するようにしています。毎食に一品は、たんぱく質が多く含まれる食品を取り入れるようにしたいですね。

ビタミン、ミネラルの多い食事

ビタミン、ミネラル旬の野菜や果物などに多く含まれます。

こういったビタミン類などには、抗酸化作用があり、免疫力アップの役に立ちます。ビタミン、ミネラルと一口に言っても人の体に必要なものだけでも10種類以上あるので、十分に取れていないと感じる方は、サプリメントから摂取することも考えてみると良いでしょう。

ただし、必要な栄養素は食事からとるというのが基本。サプリメントはあくまでも補助だということは忘れないようにしましょう。

腸内環境を整える食事

腸には体内の免疫力の60~70%があると言われています。そのため、腸内環境を良好に保つことは免疫力を高めることに直結するんですね。

まず腸内環境を整えるためにおすすめなのは、発酵食品を意識して食べるということ。食品としては、納豆・ヨーグルト・キムチなどが挙げられます。1日1品は意識して発酵食品を取り入れましょう。

続いておすすめするのが、食物繊維が多い食品を食べること。食物繊維は、腸内の善玉菌のエサになることで腸内環境向上に役立つだけでなく、腸の動きを良くする役割も果たします。豆類やキノコ類、野菜や果物に多く含まれています。

私がおすすめなのは、野菜やキノコ類をたっぷり入れて味噌汁などの汁物を作ること。加熱することでかさも減りますし、作るのも意外と簡単ですよ。

2.運動は免疫力アップに最適

筋トレや有酸素運動などの習慣は、血流が良くなり代謝も上がることで免疫力アップにつながります。運動習慣がない方も、少しずつ運動を始めることをおすすめします。

まず始めは、ウォーキングしたり、軽い筋トレをするところからで良いので習慣化させましょう。どうしても自分で習慣化させられない方には、パーソナルジムもおすすめですよ。

3.体温を上げよう

体温は、1度下がることで免疫力が3割下がると言われるぐらい重要です。

前述のとおり食事の改善や運動習慣も大事ですが、体を冷やさないということも意識したいポイントでしょう。

そこでおすすめなのが、お風呂に毎日浸かるということ。それに加えて、体を冷やす食べ物・飲み物をなるべく避けるということも意識できれば、免疫力が大きくアップするでしょう。

このように特に難しいものはありません。自分ひとりでも実践できるものばかりなので、ぜひ私生活にとりいれてみてくださいん。

最後に、コロナ禍においてパーソナルジムは良い状況のジム悪い状況のジムが存在。その違いはどのような点にあるのか、確認していきましょう。

コロナ禍で、良い状況のジムと悪い状況のジムの分かれ目は?

現在では、全国にたくさんのパーソナルジムがありますが、コロナ禍でも良い状況で運営しているジム、悪い状況のジムが分かれています。

どのような違いがあるのでしょうか?それぞれの傾向について見ていきましょう。

良い状況のジムと悪い状況のジムの違い

まず良い状況のジムには以下の特徴があります。

・個室
・長期継続型
・トレーナーとの信頼関係ができている

一方、悪い状況のジムには以下のとおり。

・オープンスペース
・短期集中型
・多店舗展開している

詳しく説明すると、まず第一に個室とオープンスペースの違いがあります。

やはりオープンスペースの場合、他のお客様と近づく機会が発生する点が、不安を生んでいると考えられます。

一方、コロナ禍でのリモートワークや巣篭もりの影響で、コンディションや体調を整えたいというニーズは高まっています。特に長期継続型のジムは既存のお客様との信頼関係もあり、解約も少ないです。しかしコンディショニングのニーズは高まっていると言っても、短期集中型のジムは本来ダイエット目的で通われる方が多いこともあり、新規の会員獲得やコース継続が難しくなっているようです。

多店舗展開のジムは固定費負担が多くなっている

その他には多店舗展開しているジムは、営業停止中の人件費の問題から、経営が厳しくなっていいます。

たとえば個人経営でマンションの一室などでパーソナルを行っているケースでは、自分一人が給料をもらえないということだけで済みます。しかし、多店舗展開でトレーナーも複数名雇っているような状態だと、そうもいきませんよね。

これらの理由から、同じパーソナルジムでも明暗が分かれていると思います。

まとめ

今回は、パーソナルジムとコロナについて説明してきました。

まとめると、

・多くのパーソナルジムはコロナ対策を徹底しているが、リサーチはしっかりしてジム選びをしましょう。
・パーソナルジムが3密であるケースは少ないです。
免疫力アップと同時にコロナ対策もしましょう。

今回の記事を参考に、コロナ対策が徹底されているジム探しを実現していただければ、これ以上の喜びはありません。

ぜひ、あなたに合った理想のジムと出会えることを願っています。

Let’s SHARE!

本記事の監修者


山口哲也

NSCA-CPT。公務員からパーソナルトレーナーに転職という異色の経歴を持つ。現在はSTYLE-GYMチーフトレーナー。フィットネス情報を執筆するライターとしても活動中。

関連記事