痩せたい!切実な気持ちを理想の身体に変える方法 | RE:NOW

痩せたい!切実な気持ちを理想の身体に変える方法

  • ダイエット
  • ダイエットの悩み

RE:NOW編集部

Misaki

ダイエットを頑張ってもうまくいかないと、ストレスになりますよね。実際、なかなか結果が出ず挫折したり、ダイエットとリバウンドを繰り返す方は少なくありません。

この記事では、なぜ痩せないのか徹底紹介。さらに、本気で痩せて理想の身体を手に入れる方法も一緒にご紹介します。

「切実に痩せたい・本気で痩せられる方法が知りたい」と思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

【切実】痩せたいと思っても自分ひとりでは難しい

痩せたいけどなかなか痩せない、気が緩んでリバウンドの繰り返し。どうしたら痩せるのか、なぜ痩せられないのか、今度こそ本気で痩せたいと悩んでいる方は少なくありません。

何度も失敗しているのであれば、痩せられない原因がなんなのか突き止め、同じ失敗を繰り返さないことが重要です。また、世の中には色々な情報が溢れ、何が正解なのか素人が判断するには難しいでしょう。

ダイエットのプロがいるように、痩せたいと思って痩せられるほど簡単ではありません。

なぜ痩せられないのか、自分ひとりでは難しいのか、以下3つをご紹介します。

  • 女性の6割はダイエットに失敗
  • 健康的に痩せられるダイエット法を知らない
  • 目標設定がないまま、なんとなく始め挫折

女性の6割はダイエットに失敗

20歳~69歳までの男女 4,230人を対象にライザップが行った調査では、ダイエット経験者は全体の44.8%で、男女別では「男性:37.4%・女性:52.2%」。見た目を気にしたり美意識が高い女性は、男性よりダイエット経験者が多い傾向があります。

さらにダイエット経験者にダイエット後の体重について、

「A:ダイエットに成功した(体重を減らしてキープしている)」
「B:ダイエットに失敗した(リバウンドをした、またはダイエット前より増えた)」
「C:あまり変わらない」

※以下、回答文省略

の3択で質問。

男性は「A・B・C:30%前後」と均等なのに対し、女性は「A:33.4%・B:59.6%・C:7.0%」と、6割がダイエットに失敗していると回答。

たかがアンケートと思いますが、実施アンケートでも大規模な4,000人以上をサンプルとしているため、非常に信憑性が高い結果です。

このアンケートの結果から、切実に痩せたいと思っても半数以上が失敗してしまうことになります。そのため、痩せることの複雑さや難しさ、気持ちだけでは簡単に痩せられないのです。

参考:ライザップ「ダイエットに関する調査」

健康的に痩せられるダイエット法を知らない

健康のためやスリムな体型を目指し、多くの方がダイエットを経験したことがあるように、世の中には数えきれないほどのダイエット法が次々と編み出されています。そして、その多くは根拠が乏しく、不健康なダイエット法です。

例えば、「○○ダイエット」「○○だけダイエット」と呼ばれる食事制限ダイエット。耳にした、または経験したことがある方も多いのではないでしょうか?

医薬品製造企業の森下仁丹のアンケート調査では、ダイエット経験者520人のうち73.8%は食事制限ダイエットを経験。さらに87.3%が挫折を経験しているとの結果が出ました

テレビやSNSなどの身近なメディアで発信され、手軽に始められる食事制限ダイエットですが、その多くは栄養が偏った食事で健康的ではありません

健康的なダイエットでなければ継続は難しく、元の食生活に戻せば太り、リバウンドに繋がってしまいます。さらに、極端な食事制限は筋肉を落とし、代謝が低下。その結果、太りやすく痩せにくい体質になります。

参考:「女性の健康意識とダイエットの実態」を調査

目標設定がないまま、なんとなく始め挫折

SNSやテレビなどの身近なメディアから、ダイエットに関する情報が耳に入ってきます。中にはすぐに始められる手軽なダイエットも多く、気軽に始める方も多いのではないでしょうか?

ですが、簡単だからやってみようとなんとなく始めてみたものの、挫折や失敗に終わるケースは少なくありません。というのも、決意も目標もないまま始めてしまうと、おざなりになってしまうからです。

しかし、漠然と○○kg痩せたいと目標にしても、期限を決めなければいい加減になって身が引き締まりません。また、1ヶ月で10kgと無茶な目標設定や1年以内に○○kgと長期の目標設定なども同じです。

成功のイメージがしにくい目標は、モチベーションにならず緊張感がなくなるため、現実とのギャップで挫折に繋がります。そのため、長期の目標の場合は中間目標を加え、現実的な目標設定を行いましょう。

スリムな体型や引き締まった美ボディ。ここからは、本気で痩せたいと思う方におすすめのライザップについてご紹介します。

ライザップなら結果にコミットでき、本気で痩せられる

独特の音楽と一緒に利用者の劇的なビフォーアフターの映像が流れるCM、そして「結果にコミット」のキャッチフレーズで有名なライザップ。切実に痩せたいと思う方の結果にコミットしてくれるパーソナルジムです。

では、ライザップをおすすめする理由4つを解説します。

  • 累計16万人の実績データに基づくオーダーメイドのトレーニング
  • 徹底した食事管理サポート
  • 2ヶ月間で10kg以上痩せた事例も多い
  • アフターフォローのプランも充実している

累計16万人の実績データに基づくオーダーメイドのプログラム

累計16万人の膨大な顧客データがあるライザップは、国内でもトップクラスの顧客数を誇るパーソナルジムです。体型や体質は人それぞれ異なるため、実績データの多さが結果に直結し、ライザップの強みと言っても過言ではありません。

逆にデータが少ない場合、トレーナーの経験と知識だけで行います。そうなれば、信頼性や成功率に不安が生じる可能性もゼロではありません。

様々な体型や体質などの顧客データを元に、その人に合った最適なオーダーメイドのプログラムを組むことができます。そのため、ライザップはその人がなりたい身体に導きダイエットを成功させることができ、結果にコミットできるのです。

徹底した食事管理サポート

ライザップでは健康的に太りにくく痩せやすい身体を目指します。その方法の1つが徹底した食事管理のサポートです。

多くのメディアで目にする「○○ダイエット」などの食事制限。我慢も多く、空腹時間が長いため、ストレスになって続かない方も多いのではないでしょうか?

ライザップの食事管理内容は主に、食材選択やバランス、食べ方まで健康な食事になるよう適切な指導をしてくれます。そのため、極端な食事制限ではなく、バランスのとれた健康的な食事に改善。その結果、スリムな体型が手に入り、その後も体型をキープし続けることができます。

2ヶ月間で10kg以上痩せた事例も多い

当編集部の独自調査によれば、ライザップの2ヶ月コースに通った方の結果は以下のとおりです。

 

※インターネットアンケートの結果(2021年7月5日〜7月9日)

痩せたいのに体重増えてると、マイナス面と勘違いして、体重が増えた方に目が行ってしまってないでしょうか?

引き締まれば筋肉が増えて体脂肪が減り、太りにくく痩せやすい体質になると同時に体重が増えるので、決してマイナスではありません。さらに、元々筋肉が少ない高齢者も利用しているため、体重が増える方もいるでしょう。

そのため、あまり体重が増えた数字は気にする必要はありません。重要なのは、2ヶ月の短期間でどれだけの人がどのくらい痩せられたかが重要です。

結果を見ると13%の方が10kg以上痩せ、体重に変化がなかった人よりも、13kg以上痩せた人の方が多いことがわかります。

2ヶ月ダイエットを続けていれば多くの方に停滞期が来るでしょう。そのため、2ヶ月で10kg痩せるのは素人の知識ではかなり難しいです。

単純計算で1ヶ月5kg痩せたことになり、調査結果からもライザップは成功に導いてくれることがわかります。

アフターフォローのプランも充実している

ライザップの利用者にも、7%の方が1年後にリバウンドしていると公式で公表しています。もしかしたら、7%の数字で不安に思ってしまう方もいるかもしれません。

ですが、ライザップのダイエットに関する調査では、ダイエットを経験した方の約64%が失敗している結果が出ています。この結果と比べると、ライザップの利用で痩せられた成功者が多いことがわかるでしょう。

さらに、ライザップではリバウンドしてしまった方をサポートしてくれる「メディカルボディメイク」や、リバウンド保証付き「ボディマネジメントプログラム」などのアフターフォローのプランも充実しています。。

興味のある方はぜひライザップの公式サイトをご覧になって、入会を検討してみてくださいね!

参考:ライザップ「ダイエットに関する調査」

まとめ

本気で痩せる方法が知りたい、切実に痩せたいと、同じ気持ちを持っている人は大勢います。ですが、痩せたいのにダイエットを挫折したり、失敗するケースは6割と多数派です。

そのため、自力で痩せるのは簡単ではありません。痩せるためには専門の知識や経験が必要になり、玄人の指導を受けるのが賢明と言えます。

大手のライザップであれば、2ヶ月で理想の身体を手に入れることも可能です。痩せたいと切実な気持ちがあるなら、ライザップの利用を検討してみてください!

Let’s SHARE!

本記事の執筆者

RE:NOW編集部

Misaki

アスリートやパーソナルトレーナーとしての経験や知識を活かし、ボディメイク・トレーニング・食事管理などをサポートするライターとして活動中。

関連記事