体重減っても下半身・足・太ももが痩せない【トレーナーが解説】 | RE:NOW

体重減っても下半身・足・太ももが痩せない【トレーナーが解説】

  • ダイエット
  • ダイエットの悩み

理学療法士・パーソナルトレーナー

鈴木裕子

頑張ってダイエットして体重は減ったのに、履きたいパンツが入らない・・・そんな下半身太りに悩んでいる方も多いのではないでしょうか。一方、下半身は鍛えると太くなるから鍛えたくないというお客様の声もよく耳にします。

そのため本記事では、体重が減ったのになぜ下半身が痩せないのか、どうしたら痩せられるのかを解説していきます。

諦めずに理想の体型を目指しましょう。

体重は減ったはず!なぜ下半身は太いまま?

体重が落ちれば、からだ全体がスリムになると思いますよね。

なぜ下半身だけ痩せないのでしょうか。原因を解説していきます。

体重がそれほど変わらなくても足が細くなることはある

体重が減っても下半身が痩せないのと逆で、実は体重が変わらないのに足が細くなることもあります。

下半身がなかなか痩せない方からすると信じられないかもしれませんね。

結論から言うと、足のむくみが取れたり、脚に正しく筋肉がつくと下半身が細くなります。なので、むくみを取ることと正しい筋トレが必要ということになります。

体重が減っても下半身が太いのはむくみによる影響が大きい

先ほどもお伝えしましたが、体重が減っても下半身が痩せないというのはむくみによる影響が大きいと考えられます。

むくみは体内の水分や老廃物がうまく体の外に排出できていない状態。お酒や塩分の取り過ぎにより体内に水分を多く溜め込んでしまったり、睡眠・運動不足などで血流が悪くなり滞ってしまっているのが主な原因といわれています。ダイエット中に不規則な生活になっていたり、食事だけで体重が落ちた場合などは下半身は痩せにくくなっているでしょう。

では、どのようにしたら下半身も痩せる事ができるのでしょうか。

体重にあわせて下半身痩せを実現する方法

体重の減少に合わせてしっかりと下半身も細くする方法を3つご紹介します。

むくみをとる

まずは、むくみをとる事から始めましょう。

むくみの原因は、

①お酒の飲み過ぎ
②塩分の取り過ぎ
③睡眠不足
④運動不足

が主な原因です。

ダイエット中にお酒の飲み過ぎはあまり無いかもしれませんが、ご飯を減らす代わりにお酒は飲むという方もいるかと思います。そういう方は下半身太りになりやすいので注意しましょう。

また、塩分の取り過ぎもむくみにつながります。味が濃くないものでも、コンビニやスーパーのお惣菜には意外と塩分が入っているので注意が必要です。成人の1日の塩分摂取量の目安は男性7.5g未満、女6.5g未満とされています。コンビニのお弁当には平均4.5gの塩分、小さじ1杯の塩で約5〜6gの塩分量と言われていますので食事の際に意識してみましょう。

そして、生活習慣の見直しです。睡眠不足にならないように心がけ、程度な運動で血液の循環を促しましょう。

最後にむくみ解消マッサージの方法を動画でご紹介します。ぜひ取り入れてみてください。

骨盤の歪みを直す

実は骨盤の歪みもむくみにつながります。骨盤が歪むと正しく筋肉が使われなかったり、血液やリンパの流れを阻害してむくんでしまうのです。

骨盤が歪んでしまう原因は

①脚を組んで座る
②運転をする時に片肘をつく
③姿勢に偏りがある仕事

などが挙げられます。

ストレッチや筋トレで戻るものもあれば、整体やカイロプラクティックなどで外力を加えてもらうことで歪みが治る場合もあります。ストレッチや筋トレをしても改善しない場合は専門家に診てもらうのも良いでしょう。

正しい筋肉の使い方をする

正しい筋肉の使い方と聞いてピンとこない方も多いと思います。下半身は常に立ったり、歩いたりと日常生活で使っています。これを間違った筋肉の使い方で行ってしまっているとなかなか下半身が痩せられずに勿体無いことに。では、どんな使い方をするのが良いのでしょうか。

下半身が太って見えてしまう人の多くが、太ももの前側や横側を使って立ったり歩いたりしています。

猫背で骨盤が後ろに倒れている人は、重心が後ろに来るので、倒れないようにと太ももの前の筋肉が働きます。腿の前の筋肉が発達すると大きい筋肉なので足が太く見えてしまいます。

また、同じように猫背の人に多いですが、足の小指側に体重が乗っている方。体の外側に体重が乗っていると内側の筋肉は使われずに内腿がプヨプヨになるだけでなく、太ももの外側が発達して下半身が横に広く見えてしまうのです。

歩くときも猫背にならず、胸を張って、お尻を意識して歩きましょう

歩き方の動画を1つご紹介します。

まとめ

体重は減っても下半身が痩せない原因の多くはむくみです。むくみを解消するためには生活習慣を改善しつつ、身体の使い方にも意識を向けていきましょう。

とは言え、一人で正しい身体の使い方をマスターするのは難しいです。

そんな時は、パーソナルジムで身体の使い方のプロに指導してもらうのもおすすめです。ぜひ下半身太りの悩みを解消して、理想の体型を手に入れてくださいね。

Let’s SHARE!

本記事の執筆者

理学療法士・パーソナルトレーナー

鈴木裕子

理学療法士・パーソナルトレーナー・2児のママ。つくば市の自宅サロンREPAIRでリハビリからボディメイク、産後ケアなどお客様にあったメニューで健康的な身体作りをサポートしています♪

関連記事