【要注意】彼氏にデブデブ言われるのは愛情ではなく危険信号!? | RE:NOW

【要注意】彼氏にデブデブ言われるのは愛情ではなく危険信号!?

  • ダイエット
  • ダイエットの悩み

RE:NOW編集部

Misaki

「デブ」は決して褒め言葉ではありません。まして彼氏にデブと言われたらショックですよね。しかし、彼氏にデブと言われた経験がある女性は、意外と少なくありません。

その際、本当に自分はデブなのか痩せた方がいいのか考えるでしょう。この記事では、彼氏がデブと言う心理や、デブと言われた場合の痩せる基準をご紹介します。

もし、彼氏にデブと言われて頭を悩ませているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

彼氏にデブデブ言われるのを安易に受け止めてはいけない

女性にとって傷つく言葉とわかっていて、彼氏がなぜデブデブと言うのでしょうか。言葉を選べば優しい言い方もありますが、あえて「デブ」と言うのにもそれなりの理由があるからでしょう。

デブと言われて、「はいはい」と受け流すのも大人な対応。しかしその言葉をしっかり受け止め、彼氏の立場になって冷静に考えることも必要な時があります。

そうすれば、彼氏がデブと言う心理が見えてくるはずです。では、具体的にどんなことが考えられるのか、詳しくご紹介します。

彼氏は痩せてほしいと思っている

実際に、デブデブ言われる前と比べて、彼氏の態度や言動に変化はありませんか?

素っ気ない態度や出かける頻度などに変化があれば、もしかしたら気持ちが冷めつつあるかもしれません。

男性は女性を比較する傾向があり、彼女には綺麗でいてほしいといった願望を持つ方もいます。単純に考えてデブが嫌なら別れればいい話です。しかし、あえて言葉で伝えるのは本当に痩せてほしいと思っているからでしょう。

好きだからこそ、一緒にいたいからこそ、痩せてほしいのです。きつい言葉かもしれませんが、受け流さずしっかり受け止めましょう。

同僚や友人は直接「デブ」とは言わないので、彼氏が言うなら実際太っている可能性がある

「デブ」は簡単に人を傷つけてしまうネガティブワード。捉え方は人それぞれ違いますが、「デブ」と言われて自信をなくしたり、コンプレックスになる方もいます。

同僚や友人は気を遣って、なかなか本当のことを言えません。たとえ自分の友達が太っていてもデメリットはなく、ほとんどの人があえて言う必要性はない、気にしてないのが本音でしょう。

デブは心に刺さる言葉ですが、冷静に考えて彼氏自身が言わずにいられなかったと考えられます。魅力的であってほしいと願う彼氏が言ったのであれば、実際太っている可能性が高いので、一度その言葉にしっかり向き合ってみましょう。

彼氏にデブと言われてショックだったり、イライラしてしまう方もいると思います。ですが、客観的な意見はとても大切です。

もしかしたら、自分が思っている以上に太っている可能性が無きにしもあらず。彼氏にデブと言われたら、冷静になって痩せた方がいいかもしれません。

続けて彼氏にデブと言われたら、まず最初にすべきことを紹介します。

彼氏にデブと言われたら、最初にするべきことは?

彼氏にデブと言われて最初にすることは「本当に痩せるべき」を確認すること。

というのも、男性は女性よりも精神年齢が低いと聞いたことありませんか?男性の中には気を引くため、かまってほしいから「デブ」と言う方も少なくないからです。

そこで、BMIや体脂肪を測ってみましょう

BMIの判断基準については以下の通りです。

日本肥満学会の定めた基準では18.5未満が「低体重(やせ)」、18.5以上25未満が「普通体重」、25以上が「肥満」で、肥満はその度合いによってさらに「肥満1」から「肥満4」に分類されます。

引用:e-ヘルスネット「BMI」

体脂肪は、以下を参考にしてみてください。

  • 痩せ:男性(10%未満)女性(20%未満)
  • 標準 :男性(10%以上~20%未満)女性(20%以上~30%未満)
  • 軽肥満 :男性(20%以上~25%未満)女性(30%以上~35%未満)
  • 肥満 :男性(25%以上)女性(35%以上)

引用:日本赤十字社「体脂肪率」

標準以上の肥満であれば、「デブ」と言われても受け入れ、痩せて健康になる方がいいでしょう。

一方、BMIも体脂肪も標準より痩せている場合、デブにはなりませんが、健康的ではありません。女性の場合は痩せすぎると月経不順などのホルモンの乱れに繋がるので、「デブ」と言われても鵜呑みにしないようにしてください。

 

では、彼氏にデブと言われて痩せるとどのようなメリットがあるのでしょうか?

彼氏にデブと言われて痩せるメリット

以下、彼氏にデブと言われたら、痩せた方が良い理由です。それぞれ詳しく解説していきます。

  • 実際、痩せた方が可愛くなるし、彼氏も喜んでくれる
  • 無理な減量をしない限りデメリットもない

実際、痩せた方が可愛くなるし、彼氏も喜んでくれる

今よりも痩せればスリムボディが手に入るのはもちろんのこと、顔がスッキリして目鼻立ちがよくなったり、輪郭がハッキリして印象がよくなります。

人それぞれ美的価値観は違いますが、彼氏にデブと言われたのであれば、痩せた方が彼氏の好みに近づけることができるでしょう。

そうなれば、自分のために痩せてくれた、可愛くなったと彼氏も喜んでくれるはずです。

無理な減量・痩せすぎない限りデメリットもない

正しいダイエットは、食事・運動・睡眠などの生活習慣を整え、健康的に減量します。そのため、減量目的でなくても身体に良い習慣が身に付き、デメリットはありません。

しかし、無理な減量をしたり、元々標準体型にもかかわらずダイエットをして痩せすぎると、以下のような身体への悪影響が出てしまいます。

  • カラダの抵抗力が低くなり、感染症や病気にかかりやすくなる。
  • 少し動いただけでだるい・疲れやすいなど、体力レベルが低下しやすい。
  • 腸(特に小腸)・肝臓の処理能力と、肝臓・ホルモン系の脂質代謝・水分代謝が不安定になる。
  • 無月経・低血圧・不整脈・肌荒れなど多くの健康障害をまねく恐れがある。
  • 出産前の女性や妊婦の低栄養は、その子どもの将来の生活習慣病のリスクを高める可能性がある。

引用:あすけん

たとえ、見た目が痩せていても体脂肪率が高ければ、現代に多い隠れ肥満です。しっかり痩せるべきかを確認して、どの程度痩せるべきか確認してからダイエットしましょう。

正しい痩せ方であれば体質が改善され、引き締まった綺麗なボディラインをつくることができます。彼氏にデブと言われたのをいい機会に、健康で魅力的な身体づくりをしましょう。

では具体的にどのように痩せればいいのでしょうか?

彼氏にデブと言われて見返したいのであれば、「ライザップ」がおすすめです。続けてその理由について紹介します。

本気で痩せたいならライザップがおすすめ

「結果にコミット」キャッチフレーズで有名なライザップ。

誰もが一度は耳にしたことがあると思います。健康的な生活習慣を身に付け、短期集中で理想のボディが手に入り、本気で痩せたい方にぴったりのパーソナルジムです。

なぜならライザップは太りにくい健康な身体づくりがベースになっているので、痩せすぎることもありません。標準体型だけど太ももだけ、ウエスト周りだけ引き締めたい、といった部分痩せにも応えてくれるからです。

彼氏にデブと言われても、ただ痩せればいいものではありません。しっかりボディメイクをしながら痩せることで今より魅力的な身体に仕上がり、彼氏を喜ばせることができますよ。

まとめ

彼氏にデブデブ言われて聞き流していませんか?本当に痩せてほしいと思っているのか、かまってほしいだけなのか、彼氏の立場になって考えてみると色々なことが見えてきます。

知らぬ間に付き合いたてより太っていることや、筋肉が落ちてたるんでしまっていたり、自分では気づけていないかもしれません。

彼氏にデブと言われたら安易に受け止めず、まずはご紹介したBMIや体脂肪率を基準に確認してみましょう。体型が変わっていたり、基準値よりも数字が高ければ痩せるのが賢明です。

そして確実に結果を出したい方はライザップがおすすめ。体型の悩みや痩せ方についてしっかりサポートしてくれますよ。無料カウンセリングが受けられるため、ぜひ公式サイトから申し込んでみてください!

Let’s SHARE!

本記事の執筆者

RE:NOW編集部

Misaki

アスリートやパーソナルトレーナーとしての経験や知識を活かし、ボディメイク・トレーニング・食事管理などをサポートするライターとして活動中。

関連記事