週末だけジムに行っても痩せない!土日で痩せるためのロードマップは | RE:NOW

週末だけジムに行っても痩せない!土日で痩せるためのロードマップは

  • ダイエットの悩み
  • 筋トレの悩み

パーソナルトレーナー

KONE

仕事や子育てで時間がないと、お休みの日にジムに行かれる方が多いと思います。しかし、週末の2日間だけフィットネスジムに行ったからといって、簡単に痩せることはありません。

そこで今回は

  • 週末だけフィットネスジムに通っても痩せづらい理由
  • 週末だけフィットネスジムに通いながら痩せるロードマップ
  • 週末だけフィットネスジムに通いながら効率的に痩せる方法

を紹介します。

これを読んで週末のトレーニングをさらに効果的にしましょう。

週末だけフィットネスジムに通っても痩せない理由

以下のとおりです。

・普段の生活習慣がなにより大切
・食事管理ができないと痩せない
・正しいトレーニング量と頻度で計画しないと痩せない

順番に解説しますね。

普段の生活習慣がなにより大切

痩せるために1番大切なのは、生活習慣です。

たとえば、週末にまとめて歯磨きをしても虫歯になります。

これは当たり前すが、ダイエットにも同じことがいえます。週末だけ頑張って動いても、残りの週5日は好きなだけ食べて動かずに生活していると、絶対に痩せません

痩せるために大切なのは運動、食事、睡眠なので、これらをご自身のライフスタイルに合わせて最適化していく必要があります。

食事管理ができないと痩せない

よく「好きなものを食べたいから運動を頑張る」と、食事管理はせず運動で痩せようとされる方がいますが、これは無謀です。

先程の歯磨きの例にすると、歯磨き粉をつけずに毎日頑張って歯を磨いているようなもの。磨かないよりかは良いですが、虫歯になったり歯が黄ばんだり口臭に繋がるでしょう。

同じように運動を全くしないよりかは良いですが、頑張っている分に比例して痩せていくことはありません。

なぜならダイエットの基本原則は消費カロリー〉摂取カロリーが守られていることだからです。

運動だけで消費カロリーを稼ぐには膨大な時間がかかりますし、正しい栄養摂取をしないと痩せた先に思い描いた身体になれない可能性が高いです。

正しいトレーニング量と頻度で計画しないと痩せない

週末の2日間まずジムに行って少し動くのは第一ステップです。

それが慣れてきたら正しくトレーニングをするということを意識する必要があります。

筋トレは簡単なようにみえて奥深く、やり方を間違えると怪我に繋がったり、つきたくないところに筋肉がついてつけたい部位に筋肉をしっかりつけられません

というのも、YouTubeやネットで検索すれば情報はたくさん出てきますが、今では情報が溢れすぎてどの情報がご自身にとって最適なのかが分かりづらい。

身体は100人100通り。友達が行って成功したやり方やモデルの方が成功したやり方を真似しても、同じ結果を得られることは少ないため自分に合ったオンリーワンのプランをたてて行動していくことが大切です。

週末だけのジムで痩せるロードマップ

週末だけジムに行って痩せるのは難しいと分かっていても、どうしても週末にしか時間をつくれない方も多いと思います。そんな方が痩せるためにどのように行動していけば良いのかをご提案させていただきます。

毎朝体重を測る

まずは自分の現状を知ることが大切です。

基本的に体重だけ測ることができれば大丈夫ですが、体重は変わらなくても筋肉量や体脂肪率が変化していることも少なくないので、もし可能であれば月に1回でも体組成で計測されることをオススメします。

というのも、計測をこまめにしないと、今ご自身が行っている行動が目標に対して最適な方法なのか分からなくなるからですね。

目標までの正しい道を見つけるために、体重計測は重要です。

自分の消費カロリーに合わせて毎日カロリーコントロールをする

先ほども説明した通り、痩せるための大原則は消費カロリー〉摂取カロリーです。

消費カロリーの60%を占めるのは基礎代謝。基礎代謝を知ることで、ご自身のおおよその消費カロリーを知ることができます。

基礎代謝を算出する方法はいくつかありますが、検索すると自動で基礎代謝を出してくれるサイトがあり、こちらがオススメです。

週末のトレーニングではしっかり追い込む

では、自分の消費カロリーを把握の上、食事管理をすれば痩せられるのでしょうか?

食事管理のみだと、体重は落ちるが筋肉が不足

体重を落とすだけであれば、ある程度は痩せられます。しかし、理想のボディラインをつくっていくことは難しいでしょう。

なぜなら筋肉が不足しているからです。そのため、週末のトレーニングはなんとなく行うのではなく、しっかり筋肉に刺激を与えることが大事です。

筋肉をつけるためには正しいフォームで追い込むことが大切

筋肉は刺激に慣れてしまうと成長しないため、少なくとも今以上の負荷をかける必要があります。負荷をかけるためには「重さ」もさることながら「正しいフォーム」で鍛えたい筋肉にピンポイントで刺激を与える技術も求められる。

一方、トレーニング初心者が正しいフォームで追い込むのは簡単ではないため、場合によってはトレーナーや友人に手伝ってもらうと効果的。特に土日しかトレーニングできない方は、普通の方以上に効率性を意識してトレーニングを行うようにしましょう。

また、トレーニング初心者の方だと意識されていない方も多いですが、レスト時間も重要です。(レスト=トレーニング間の休憩)

目的に応じて正しいレスト時間があり、それより短かったり長かったりすると筋肉に正しい負荷がかけられないので注意してください。

パーソナルジムなら毎日の食事管理と土日の筋トレで痩せる可能性はある

正しい食事と正しい運動。ご自身で勉強して実践するには相当の労力がかかります。なのでパーソナルジムでトレーナーにサポートしてもらいながら、痩せることをおすすめします。

トレーナーが毎日食事管理をしてくれるため、カロリーを摂りすぎない

ほとんどのパーソナルジムでは食事指導をしてもらえることが多いです。

ジムによってやり方は異なりますが、基本的に毎日トレーナーが食事を管理するので食べすぎや栄養バランスの崩れを防ぐことができます。

もう少し補足すると、“we are what we eat”という言葉のように、私たちの身体は食べたものでできています。

当たり前ですが、本当にそうなんです。

身体に悪いものを食べ続けていれば、そのまま身体に表れ、体脂肪は増え慢性的に疲れたりします。

一人での食事管理ではまず何が正しいのか分からないので、1ヶ月だけでもプロのトレーナーに管理してもらうことをお勧めします。

正しいフォーム・負荷・回数で痩せるための効果的なトレーニングができる

先ほど正しいレスト時間があるというお話をしましたが、トレーニングには正しいフォーム・負荷・回数もあります。そして1番大事なのはトレーニングのボリューム

トレーニングのボリュームとは重量×レップ数×セット数で計算できます。

しかし、ボリュームを理解するだけではトレーニングを改善してさらに効果的に取り組むことはできません。ここで重要なのは問題に対する原因を特定できるかどうかです。

たとえば、ボリュームは自分の体重にあわせてインターネットで調べれば見つかると思いますが、そのボリュームでトレーニングを行ったとしても「身体に変化がない」という問題に直面することがあります。

この問題に対して自分一人で解決できればいいですが、自己流に頼ってしまうと、思いのほか回り道してしまう可能性もある。一方、トレーナーがいれば、すぐに原因・対処法を提案してくれるので最短距離で進めるというわけです。

がむしゃらにやっても効果的ではありませんので、まずはプロに正しいやり方を教わることをお勧めします。

トレーナーからの応援・励ましがありモチベーションの低下を防ぐことができる

ジムを退会される方の理由NO.1がモチベーションの低下です。

始める時は誰しもモチベーションが高いですが、日が経つにつれ目的や目標を見失い、なんのために頑張っているのか分からなくなります。

そんな時にトレーナーが目標を忘れないように声掛けしてくれたり、やり方を工夫してくれたり、励ましてくれます。今まで一人ではジムが続かなかった方でも、パーソナルジムに通ったことで何年も続けていたりします。

ただ、トレーナーとの相性はすごく大事なのでご自身が信頼できると思えるトレーナーをみつけて通い続けてみてください。

まとめ

今回は週末だけジムに行っても痩せるのが難しい理由をお伝えしました。

  • 生活習慣が1番大事
  • 食事管理ができないと痩せない
  • 正しいトレーニング量と頻度で行わないと痩せない

しかし、どうしても週末しかジムに行けない方は以下の方法を試してみてください。

  • 毎朝体重を測る
  • 毎日カロリーコントロールをする
  • 1回1回のトレーニングでしっかり追い込む

もし自分一人で上記の方法に取り組めない方は、すみやかにパーソナルジムに通うのがオススメ以下のとおり手厚いサポートが受けられ、最短距離で期待した成果が得られるからです。

  • トレーナーが毎日食事管理をしてくれるから、カロリーを摂りすぎない
  • 正しいトレーニングの負荷・回数・フォームで行える
  • トレーナーからの応援がありモチベーション低下を防ぐことができる

ご自身に合った方法で、痩せるための行動をおこしていきましょう。

Let’s SHARE!

本記事の執筆者

パーソナルトレーナー

KONE

パーソナルトレーナー/ボクササイズインストラクター/ジムのマネージャーとして活動をしております。現場での経験をふまえ、皆さんに必要な情報をお伝えできればと思います!

関連記事