生足は何歳まで許される?きれいな脚になる方法も紹介 | RE:NOW

生足は何歳まで許される?きれいな脚になる方法も紹介

  • ダイエット
  • ダイエットの悩み

「生足って何歳まで許されるんだろう?」
「いつからストッキングを履かないといけないのかな」

周囲から生足でいることをどう思われているのか気になりますよね。

この記事では、生足が何歳まで許されるのかを解説していきます。あわせて、きれいな脚になる方法も紹介しているので、ぜひ参考にしてください。

生足は何歳まで許される?

生足は何歳まで許されるのでしょうか?
実際に世の中の意見を聞いてみたい!

ということで、今回男女50人にアンケート調査を実施。
幅広い年齢の男女による「生足のOK・NG」を確認していきましょう。

まずはいきなり何歳まで生足が許されるか聞いてみました。

3割の人は「年齢は関係ない」と思っている

※2021年11月16日〜11月17日に実施したインターネット調査の結果

実際、3割の人は生足と年齢の関係はないと思っているようです。なぜなら足の綺麗さと年齢はかならずしも一致しないから。また特に生足自体を気にしないからという意見もありました。

一方、年齢が関係あると思う方の半数以上は30歳までと厳しい意見。ただし裏を返せば、若くて綺麗な足なら生足OKとも受け取れます。

では年齢に反して生足だと、周囲はどのように感じるのでしょうか?

年齢に反して生足だと…マナーが悪い?

実際に年齢に反して生足だと、

  • マナーがなっていない
  • だらしない
  • 痛々しい
  • 空気が読めていない
  • 明らかに頑張っている

と明らかにネガティブな意見が。特に職場や冠婚葬祭、高級レストランなどそれなりの身なりが必要な場所では、そうした意見が強まってしまうようです。

なかには、綺麗ならOKという声もありますが、ごく少数。やはりマナーが求められる場所では生足は控えた方が良さそうという結果に。

ここまでの内容を簡単にまとめると、

  • 3割の人は生足と年齢は関係ないと思っている
  • 10-20代で足が綺麗なら生足ありの可能性も高い
  • ただし基本的に職場や冠婚葬祭などでは生足にはネガティブな意見は多い

となります。

このように職場や冠婚葬祭などを除いた場合、年齢が若く・足が細くて綺麗なら生足OKの可能性はありますが、では世の中の人はどのくらいの足の太さで生足OKと感じるのでしょうか?

足の太さは厳しい結果に

前述の50人のうち生足は年齢と関係がないと答えた方を除く「35名」に対して、以下のA・B・Cのイメージに対して、どこまでが生足OKの太さか答えてもらいました。

結果は以下のとおり。

 

全体の25%の方は太さは関係ない一方、70%以上の方はB・Cの太さで生足アウトという結果になりました。

もちろん上記のA・B・Cはイメージなので、実際に生足をみた時の印象とは異なるかもしれませんが、やはりかなり細い足じゃないと生足は厳しいと言えるのではないでしょうか。

この結果は、生足・足の太さを気にする方にとっては辛辣な意見かもしれませんが、実際足を細くする手段はあります。

足を細くする方法は最後にご紹介するので、生足がNGな場所やシーンについてもう少し深掘りしていきましょう。

何歳でも生足が許されない条件3選

何歳でも生足が許されない条件を3つ紹介します。

前章のおさらいになりますが、以下のとおりです。

  1. 職場
  2. 冠婚葬祭
  3. 太い脚

順に確認しましょう。

1.職場

職場で生足はNGです。ストッキングは必需品

とくに膝は年齢が出やすい部分です。自信がないのなら、そっと隠してしまいましょう。

制服でも私服でも、職場では生足は避けるのが無難です。

2.冠婚葬祭

冠婚葬祭でも生足は避けましょう。そもそも素足を出さないのはマナーです。

結婚式や学校の行事なら肌馴染みの良いストッキング、葬式や法事なら黒のストッキングを履くべき。

マナーが守れないと品性がないと思われるので、TPOをわきまえるようにしましょう。

3.太い脚

セルライトが浮き出たり脂肪がぶよぶよについたり、あまりキレイでないのなら、控えた方が良いかもしれません。

ショート丈のパンツやスカートを履くときは、スパッツやタイツを上手に活用しましょう。

引き締め効果のあるスパッツやストッキングも販売しているので、チェックしてみてもいいですね。

 

とはいえ、女性なら太い脚よりも細い脚を目指したいですよね。「生足でも褒められたい!」という方は、脚痩せがおすすめです。

脚痩せしたいならパーソナルジムへ

脚痩せをしたいのなら、パーソナルジムがおすすめ

というのもダイエットで体重は落ちるかもしれませんが、かならずしも脚が細くなるとは限らないからです。一方、専任のトレーナーがいれば上手に脚痩せをサポートしてくれる。とくに太ももは痩せにくい部位なので、知識に長けたトレーナーをつけた方が賢明です。

気になる方は、以下の記事もご覧ください。

参考記事

まとめ

今回は生足が許される年齢について解説しました。

まとめると、

  • 生足と年齢はかならずしも関係はない
  • ただし若い・細くて綺麗な脚であれば許される可能性は高い
  • いずれにしても職場や冠婚葬祭などではマナー違反になるため、生足は避ける

となります。

あわせて脚痩せが気になる方は、ぜひ美脚専用のジムを覗いてみてください。部分痩せが難しいといわれる太もももキレイに痩せられるでしょう。

Let’s SHARE!

本記事の執筆者

RE:NOW編集部

関連記事